スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリイシガメの成長について

昨日質問いただいたモリイシガメの成長について書きます。
あらかじめおことわりしておきますが、あくまでも私個人の経験によるもので
考え方、方法などは人によって違うと思いますので
あくまでも参考程度にしていただけると幸いです。

また、友人たちに聞きますと、うちのカメたちの成長の度合いは早いほうのようです。
あまり早く成長させたくないという方もいらっしゃいます。
私の方針としては、「生後1歳前の初夏には外飼育に切換え、冬眠させる」ため
体力に余力を充分に残したいという事があり、エサやりは多めです。

カメ(爬虫類全般?)はエサが少なくても、何とか生命を維持するくらいには
生かしておけますし、事故などが無ければ何とか生きていける生き物だと思います。
子ガメの時に健康な内臓を作っておかないと、食べることにあまり興味が無くなって
少食になったり、なかなか大きくならなかったり、最悪冬眠で落ちてしまったりするようです。
健康な内臓・身体を作るにはどうしたらいいのか。
繰返しになるようですが、やはり充分食べられるようにすること、水棲ガメですから
常に清潔な水を充分に飲んだり、排出したりできる環境にすることが重要だと思います。
従って、身体がしっかり浸からない、小さな水容器を置いただけの環境は
お勧めしません。
(常に清潔な水、ですが現在室内飼育の容器にはフィルターを入れていません。
基本毎日換水、場合によってはそれ以上、都合によってはそれ以下という感じです^-^;)

ヒーターに関してですが、温度調節のできるものがお勧めです。
カメ用に販売しているものは、子ガメにはちょっと温度が低いように感じます。
うちでは30度設定で、2階の日当たりの良い部屋なので時々ぬるま湯!?となりますが
子ガメにはそれくらいが調子がいいようです。
(空焚きや故障には気をつけましょう)

ライトはバスキング用の保温ライトしか使っていません。
窓際で日も当たるので、子ガメから生後1年くらいまでは問題ないと思います。

室内飼育環境についてはこちら
室内飼育
餌付けについてはこちら
餌付け

こちらの画像は、2008年CBのモリイシガメその1♂の成長記録です。
100gまで載せてみました。
昨年の7月、生後2日からお預かりしていて、今年の4月にお里に帰りました(^-^)
うちにいるモリイシたちは、みなこのような感じで成長しています。
外飼育に切り替えますと、♂は動きも活発なため体重の伸びは横ばいになっていきます。
♀はあまり影響なくエサを食べるので、maxサイズまでどんどん成長しています。


delta.jpg



0418del.jpg
2009年4月15日、504gでした。

スポンサーサイト

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

もりかめ (ぐり)

Author:もりかめ (ぐり)
モリイシガメが大好きです。
Glyptemys insculpta
Wood turtle
他にキボシイシガメ、トウブハコガメを
飼育しています。
5180495_197.jpg

瑞浪Mioちゃんを応援しています
瑞浪Mioちゃんと化石博物館の情報はこちら・Link

月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。