スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お得意のポーズ



こんな格好でぼけーっと寛いでいることも多いモリイシガメ。
(もう外で冬眠中の07CB)



0126deltarelax.jpg

散歩中、ちょっと立ち止まって休憩?
08CB
前足リラックス状態になるのは、どのカメも共通でしょうか。
足の裏を触るのが結構好きです(ぉぃ)

(くだらない話でスミマセン^-^;)

スポンサーサイト

活きがいい

モリイシガメを「子犬のような」と形容した人がいましたが(ダレル・セネーク氏)
こちらを確認した様子などを見ていると、活き活きと陽気な感じで
本当にそうだな、と思います。



これは08CB。
よじ登るのが大好き。


0327ganma2-horz.jpg


こちらは外で冬眠中の07CB♂が生後8ヶ月くらいの時です。
モリイシがしょんぼりしていることなんて、あるのでしょうか。
毎日見ていても飽きません。


暖かいと

0123gamma3.jpg

冬眠中の外容器を部屋の中から見ていたら、顔を出した07CB♂と目が合ってしまいました。
のそのそと陸場に上がってくるモリイシ。(甲羅が苔むしています)
初冬眠個体は落ち着きがありません。
氷が張るくらいなら、底に沈んで眠ってくれるのですが。
春まで頑張れ~。

0123ep.jpg

08CBのちょっと障害のある子。
39gになりました。
エサを摂るのも上手になりました。


0123delta.jpg

08CBの子。(名前を書けという話ですよね^-^;)
191g。
こちらも毎日よく食べて歩き回っています。

David Carroll



Carroll Family Art Studio

1119book.jpg


1119book2.jpg

北米のキボシイシガメ、モリイシガメ、ブランディング、ワニガメなどが
登場する、ナチュラリスト(ナチュラリストというのがよくわからないのですが)
David Carroll氏の本です。
飼育関連の本ではなくて、随筆ですが、子供のころのキボシイシガメとの初めての出会いなど
叙情的な作品です。(キボシイシガメを飼われていて、スケッチしている写真が載っていましたが)
この本は古本で私のところにやってきまして、図書館のスタンプが押してあります。
(大丈夫なのか?)

1119book3.jpg

こちらはペーパーバック。カラーの挿絵はありません。
やはり沼沢地の生き物たちの随筆です。
もう一冊、自叙伝のような本もありますが、どれもこれも
ちゃんと読んでいません・・・(^-^;)


凍る凍る

frozn.jpg

1月半ばちょい前から、毎日のように氷が張ります。(南関東です)
氷が張ってても、ごそごそ動いてたりするモリイシガメ。
06CB♀は2回目の冬眠で、早いうちから何となくわかってる感じでしたが
今冬初冬眠の07CB♂は、身の上に何が起きてるかわからない様子で
随分遅くまで動き回っていました。
(1歳になる夏には外に出し、甲長16cm以上にして冬眠させます)

冬眠が明けて本格的にエサを食べるようになるのは5月も終盤頃になりますが
甲羅干ししてる様子を見ると、目の焦点も合わないような顔をしていて
かなり心配してしまいます。
今年もうまく冬眠明けしてくれるといいのですが。

新入り 08CB

2008年8月10日にブリーダーさんのところで生まれたこの子は
通常だったら10g前後、甲長も3.8cm前後であるところを
6.2g、3.2cmというサイズ、見事な甲ズレで生まれてきました。
卵の段階でとても小さかったので、ブリーダーさんがうまくやらなければ
生きていなかったと思います。
しかも顔の中心が少々ずれていて、鼻の穴が多分1つ貫通していません。
口も形成異常があるため、エサをうまく食べられません。
少しずつ時間をかけて、少量のエサを食べる感じだったようです。

昨年の12月頭にお預かりしました。
体重は14gまで増加していたので、そこからスタート。

ep.jpg
1219ep3.jpg

12月頭、水棲ガメは水中でエサを摂りますから、鼻が詰まっていると余計な水分を
排出し辛く、思うように食べられない。
口が大きく開かないので、大きなエサは食べられません。

1222ep3.jpg

エサを小さく砕いて与えたり、水の外であげるようにしました。
嚥下するのがとてもヘタなので、様子を見て水に戻したりまた出したり。

満腹でリラックス。

0112ep2.jpg

1月10日に30gを越えました。

0112ep3.jpg

小さくても性質はモリイシそのもの。元気で物怖じしません。
外に出すと、追いかけて来てエサを欲しがります。
2週間先に生まれた08CBの子は現在146g。
そのうち追いつくかな。

2009年始まってる!

何も無いブログですが、今年も宜しくお願いします。
パワーアップもレベルアップもスピードアップも無く
変わらずだらりんと続けて行くかと思います。
繁殖予定もありませんし、ただ皆健康に楽しく過ごしてくれればと
願っています(^-^)

gohangamma_20090106161242.jpg


まずは外チーム。(他にトウブハコガメ×5がいます)
これは昨年の8月の画像です。
2匹とも沈みっぱなしだったり、時々顔を出したりして
冬を過ごしています。
年末に1度だけ薄く氷が張っていました。

delep_20090106161257.jpg


室内チーム08CB。(他にキボシイシガメ07CB♂がいます)
大きい子は146g、小さい子は27g。
訳有りでこの体格差ですが、成長のスイッチは入りました。
小さい子の事は、また追々書こうと思います。

0106gutta4.jpg

年始なのでおまけ。
うちで2007年に生まれたキボシイシガメ♂です。
時々飽きた病が出ますが、ほぼ配合飼料のみで良い子です。

1104tobus.jpg

お預かり中のトウブハコガメたち。06CBとのこと。
2系統あるようです。
冬眠前のトリートメント中画像(11月)
今は跡形も無く潜っています。

0624shochan9,jpg

お婿さん待ちの05CBトウブハコガメ♀
大きいです。
こちらも冬眠中。

« »

01 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

もりかめ (ぐり)

Author:もりかめ (ぐり)
モリイシガメが大好きです。
Glyptemys insculpta
Wood turtle
他にキボシイシガメ、トウブハコガメを
飼育しています。
5180495_197.jpg

瑞浪Mioちゃんを応援しています
瑞浪Mioちゃんと化石博物館の情報はこちら・Link

月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。