スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の視線

春夏~初秋の気候の良い時期には、ブログのトップ画像のような顔で
駆け寄ってくるカメたちですが、餌も食べなくなったこの時期・・・。
愛想がありません(^-^;)
本亀たちはそれどころじゃないとは思いますが。


1126gohan_20091126194623.jpg
モリイシガメ06CB♀、頑張ってバスキング中。
迷惑そうな顔にさえ感じられます・・・。


1126gamma_20091126194453.jpg
モリイシガメ07CB♂、トップ画像の個体ですが
怖い顔で睨まれました・・・。


1120gutta.jpg
キボシイシガメ07CB♂に至っては、気がついてるのに動きません(って当たり前か)


1126t4t3.jpg
トウブハコガメ06CB♂2匹。(No.3・No.4、半端に潜ってるのが3番)
小さい個体2匹と05CBの♀はすっかり潜っています。


1126kirio.jpg
「あ!見つかっちゃった!」と言ってるようなハラビロカマキリ。
まだ頑張っています。
ブロッコリーの様子を見ようと目をやったらいました。


スポンサーサイト

遊び(ばれ?)すぎ

09CBその1、その2。
子犬がじゃれあうように、カメなのにハタハタ走り回っています。
給餌時間は笑いっぱなし。

1105woods2.jpg
のんびり・まったりしていたところへ「お?!」
シンクロしております。

1121woods.jpg
とりあえずダッシュでポジションを取ります。
期待に満ちた目(^-^;)


1121woods3.jpg
お互い押さえつけてみたり、頭を前足で踏んだりして
自分が優位であることをアピール(爆)


1123woods2.jpg
エサをそっちのけで睨みあったり、鼻先を噛む仕草をしてけん制し合います。


1121woods2.jpg
やっとエサに気づいてそりゃもう大騒ぎです。
勝手に引っくり返ったり、同時に引っくり返ったり
笑えます・・・。

寝ぼけトウブハコガメの健康チェック~その2

前々回の続きです。
4匹の06CBトウブハコガメに続きまして
05CB♀です。


1120sho5.jpg
食べないということが無い個体で、育ちに育って片手でずっしり。


1120sho2.jpg
顔は優しい女の子顔です(^-^)
(土がついています)

1120sho4.jpg
体重を量ったら、999でした(爆)

今朝冬眠ケージを見たら、オス2匹(No.3、No.4)以外はすっかり潜っていました。
オスのほうがねばるような気がしますが、どうでしょう。

モリイシガメ 08CBその2

本来でしたら、外飼育に切換えているはずのお年頃の08CBその2。
画像をご覧になればわかると思いますが、多甲板に加え
あちこちズレまくっている個体です。
よく食べて元気、しかし相変わらず大きな呼吸音でびっくりさせられたり
食道も変型しているのか、調子に乗って食べていると全部吐き出したりします(^-^;)

1114ep3.jpg


1116ep3.jpg


1113ep2.jpg


1119ep2.jpg
水換えの時、放しておいたら拾って何か食べてたようです・・・。

寝ぼけトウブハコガメの健康チェック

昨日は寒かったですね!雨も降っていました。
11月で最高気温が10度を下回るとはびっくりです。(17年ぶりのことだそうです)

気になって毎日冬眠ケージを覗きますと、ちゃんと潜ってるのやら
半分出てるのやら、完全に出ていてこっちを見ているのやら・・・。
大きいオスほど何か気になるんだか潜るのが遅いような気がします。

今日はよく晴れて、気温も昨日に較べて上がりましたので
完全に潜る前に体重・甲長測定、身体に怪我がないか、皮膚や目、耳に異常がないか
チェックしました。
掘り出して洗う洗う洗う・・・。

1120t1t3t4a.jpg
洗ったら順繰りに洗面所の床に置いていきます(^-^;)
06CBの4匹が終わり、今は05CB♀を洗浄中・・・。
1匹足りない?


1120t2t2.jpg
No.2がとっとと探検に出かけていました。この個体は地上で目をぱっちり
開けていたせいでしょうか。


1120tobus2.jpg
いつものことですが、画像の比率がバラバラです・・・。
No.1・12cm、267g No.2・13.5cm、380g No.3・15cm、460g No.4・15cm、480g


1120tobusfaces2.jpg
みんな何とか元気そうです。


1120t4d.jpg
これはNo.4。
たまに洗うと、模様がちょっと変わっていたりして「おお!」と思ったりします(^-^)
結構綺麗ではないでしょうか。

05CB♀はまた別に。

遊んでもらえる!~室内組

やはり全員冬眠してしまうと寂しいものですが・・・。
幸い毎年まだ冬眠させない子ガメがいるので、11月~4月くらいまでのシーズンも
楽しませてもらっています。


1105iota.jpg
モリイシガメ09CB
好奇心旺盛なカメです。


1102woods.jpg
目が合えばこれだ。


1102woods3.jpg
カメ、必死。

1102iota3.jpg
どこまでもついて来ます(^-^;)

モリイシガメ09CBはその1が68g、その2が71g
モリイシガメ08CBその2が710gになりました。←しばらく量ってなかったのでびっくり。



遊んでもらえない季節~キボシイシガメ編

寒さに強いキボシイシガメですが、冬になるとモリイシガメよりは
もぞもぞ動きません。
じっと水底で耐えている感じ。

1109gutta.jpg
07CB♂、静かにしていることが多くなりました。


1109ten.jpg
05CB♀、脱皮がうまくいっていません(^-^;)
ちょっとでも太陽が出るとバスキングしています。

メスはもう卵を産んでいますので、2匹ともなんとか無事に春を迎えて欲しいです。


ten.jpg
↑の♀が来たばかりの頃の画像。
小さかった・・・。


1130soten.jpg
★おまけ★
2年前に死んでしまったのですが、飼っているインコの1羽だったセキセイインコ。
よくこうしてキボシを眺めていました。
レプトミンを齧ったりしていました(^-^)
(飼育用具ですが、このあと水カビが出たので、改善策を教えていただき
色々変えました)

遊んでもらえない季節~モリイシ編

ちょっと暖かめとはいえ、やっぱり秋も深まり。
外のモリイシガメも既にエサを食べません。
早朝から夕方まで干してます・・・。

でも様子を見に行って目が合うと、お愛想?なのだか
水に入って寄ってきてしまいます。
1021gohan.jpg
06CBの♀。
いいからいいから、水に入らないで干してなさい~と言いたくなる。


1109gamma3.jpg
07CB♂
「!」


1109gamma2.jpg
「・・・・。」


1109gamma.jpg
「ムリ!」
これで冷たいだと・・・・?!

遊んでもらえない季節~トウブハコガメ編

11月も初旬を過ぎ、冷え込む日が続きます。
既にエサを食べなくなっているトウブハコガメたち
様子を見に行っても寄ってこないし、知らん顔です。


1029t1.jpg
06CBNo.1、殆ど潜っている感じです。


1029sho.jpg
05CB♀、1番大きい個体ですが、上手に潜るので朝見てびっくりすることが(^-^;)
日中暖かいと出てきています。


1029t2t3.jpg
06CBNo.2、No.3、No.4(←写っていません)はまだ潜らず、薄暗い時間にも
水に浸かっていたりします。


1029som2.jpg
寂しくなった庭木に、誘引してあるつるバラが咲いています。(ソンブロイユ)


1029kirio.jpg
カマキリともそろそろお別れかな。


モリイシガメの成長について

昨日質問いただいたモリイシガメの成長について書きます。
あらかじめおことわりしておきますが、あくまでも私個人の経験によるもので
考え方、方法などは人によって違うと思いますので
あくまでも参考程度にしていただけると幸いです。

また、友人たちに聞きますと、うちのカメたちの成長の度合いは早いほうのようです。
あまり早く成長させたくないという方もいらっしゃいます。
私の方針としては、「生後1歳前の初夏には外飼育に切換え、冬眠させる」ため
体力に余力を充分に残したいという事があり、エサやりは多めです。

カメ(爬虫類全般?)はエサが少なくても、何とか生命を維持するくらいには
生かしておけますし、事故などが無ければ何とか生きていける生き物だと思います。
子ガメの時に健康な内臓を作っておかないと、食べることにあまり興味が無くなって
少食になったり、なかなか大きくならなかったり、最悪冬眠で落ちてしまったりするようです。
健康な内臓・身体を作るにはどうしたらいいのか。
繰返しになるようですが、やはり充分食べられるようにすること、水棲ガメですから
常に清潔な水を充分に飲んだり、排出したりできる環境にすることが重要だと思います。
従って、身体がしっかり浸からない、小さな水容器を置いただけの環境は
お勧めしません。
(常に清潔な水、ですが現在室内飼育の容器にはフィルターを入れていません。
基本毎日換水、場合によってはそれ以上、都合によってはそれ以下という感じです^-^;)

ヒーターに関してですが、温度調節のできるものがお勧めです。
カメ用に販売しているものは、子ガメにはちょっと温度が低いように感じます。
うちでは30度設定で、2階の日当たりの良い部屋なので時々ぬるま湯!?となりますが
子ガメにはそれくらいが調子がいいようです。
(空焚きや故障には気をつけましょう)

ライトはバスキング用の保温ライトしか使っていません。
窓際で日も当たるので、子ガメから生後1年くらいまでは問題ないと思います。

室内飼育環境についてはこちら
室内飼育
餌付けについてはこちら
餌付け

こちらの画像は、2008年CBのモリイシガメその1♂の成長記録です。
100gまで載せてみました。
昨年の7月、生後2日からお預かりしていて、今年の4月にお里に帰りました(^-^)
うちにいるモリイシたちは、みなこのような感じで成長しています。
外飼育に切り替えますと、♂は動きも活発なため体重の伸びは横ばいになっていきます。
♀はあまり影響なくエサを食べるので、maxサイズまでどんどん成長しています。


delta.jpg



0418del.jpg
2009年4月15日、504gでした。

暑くなったり寒くなったり。

1101nunu.jpg
家族に新型インフルエンザが出まして、ちょっとばたばたしておりました。
私は結局うつされなかったのですが、引き続き手洗いうがいなどで
予防したいと思います。
皆さまもお気をつけくださいませ。


1031gohan.jpg
昨日はぐんぐん気温が上がり、夜になって暑いとすら感じました。
それが今朝はマイナス10度。
外のモリイシたちも「なんすか、これ」と不機嫌そうにバスキングしております。
06CB♀


1031woods.jpg
ごはんですか?


1031woods2.jpg
ごはんなんですか?


1031woods3.jpg
ワタシニ!ワタシニ!

モリイシ仔たちは物凄い食欲です。
その1が56g、その2が55gになりました。

« »

11 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

もりかめ (ぐり)

Author:もりかめ (ぐり)
モリイシガメが大好きです。
Glyptemys insculpta
Wood turtle
他にキボシイシガメ、トウブハコガメを
飼育しています。
5180495_197.jpg

瑞浪Mioちゃんを応援しています
瑞浪Mioちゃんと化石博物館の情報はこちら・Link

月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。