スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんじつ


©Jason Folt

とーひ したいー・・・・。



スポンサーサイト

キボシイシガメ07CB♂春近し?

雪が溶けた日にゴミが浮いたりしていたので
水換えをしました。

バケツの中で待機中。



0216gutta2.jpg


0216gutta3.jpg


0219gutta.jpg
昨日は一瞬の日差しで日光浴。


0219gutta3.jpg
翳ってしまい、すぐに水中へ。
キボシイシガメは本当に耐寒性が強いです。
餌を食べ始めるまであんまり活動しなくていいんですけど・・・(^-^;)


トレンパー・ナイトPV・(3月5日開催)

3月5日東京は阿佐ヶ谷にて開催の爬虫類イベントの告知、第2弾です。
まずは川中氏作成のPVです。
川中氏のブログはこちら
つれづれつづれ~徒然綴れ~




使われている音楽もプロによるオリジナルということです。

開催場所の地図はこちら
Asagaya/Loft A

詳細を転載させていただきます。

今宵限りの爬虫類祭! トレンパー海賊団presents
「ザ・トレンパーナイト」
~世界一有名な爬虫類ブリーダーVS日本一有名な爬虫類ライター 阿佐ヶ谷の大決戦~


昨年8月、待望の初来日を果たした世界一のブリーダー、“ヒョウモントカゲモドキの父”ことBig Daddy、ロン・トレンパーがこの日のために緊急来日。
迎え撃つはトレンパーに息子と呼ばれた男、Mr.ハリウッドこと、ビバリウムガイド冨水。そして冨水率いるトレンパー海賊団。
二人が、ヘビ、トカゲ、カメなど爬虫類の現在、過去、未来を徹底的に語り合うスペシャルナイトです。
トレンパーはこの日のためにヒョウモントカゲモドキの最新未発表品種や、自身が発見した新種のカメやカメレオンの画像を世界に先駆けて発表。
トークショーのほかに大プレゼント抽選会など内容も盛りだくさん。
マニアから初心者、はたまた通りすがりの人まで驚愕すること間違いなしの3時間半。どうぞお見逃しなく!

【出演】
ロン・トレンパー(世界一のヤモリブリーダー。テキサス在住)
冨水 明(爬虫類雑誌ビバリウムガイドのメインライターにして現場監督。横浜在住)
他!豪華ゲスト!?

OPEN18:00 / START19:00
限定前売¥3,000(座席および、この日のためのスペシャルお土産付き。)
当日¥2,000(立ち見or丸椅子。お土産はナシよ)

限定前売り券はSOLD OUTとなりました。
※当日券は限定前売券の方のご入場の後の受付になります。
 開場時間18:00よりロフトA階段下にお並び下さい。
 列が長く伸びた場合開場時間以前に整理券をお配りする場合もあります。
 場内があまりに混み合った場合、途中で当日券が売り切れとなることもございます。ご了承下さい。

転載以上。

お土産の詳細はわかりませんが、以前ご紹介したCount Blueさんやアクアプラントさんが
何やらいいものを作られているようです(^-^)
残念ながら前売り券はもう完売とのことですが、当日も特典があるかも?なので
訪れてみてはいかがでしょうか。

モリイシガメの成長を並べてみる・08CB♂

今日は穏やかな良い天気。
気温も今の時点で10℃くらいでしょうか。
最低気温が酷く低くないので、外の容器も凍りません。
先ほど、キボシイシガメの外容器の水換えをしました。

さて、今回も過去画像で(自分の記録なのでスミマセン)
モリイシガメ08CB♂・いぷしろんを
かっこいいと褒めて下さったかたがいらっしゃったので
調子こきます(ぉぃ)
通常生まれて一冬過ぎたら外飼育にしますが
この個体は室内で2回冬を越しました。


上から2枚セットで08年12月(生後4ヶ月)~09年5月まで。
ep08120905.jpg


09年6月~11月まで。8月に1歳になりました。
ep09060911.jpg


09年12月~2010年5月まで。この後、外飼育に切換えることになります。
ep09121005.jpg

今日も外の水底にじーっと沈んで冬眠中です。

雪に弱い

都心やその周辺は雪に弱いですね(^-^;)
積雪1cmでも大騒ぎです。

昨晩も8時半頃はみぞれっぽかったのですが
11時頃には庭や屋根、道路が真っ白になっていました。
このまま残ってしまうと大変だな、と思っていましたが
午前中には結構溶けてしまいました。

通勤通学、入試などでハラハラされたかたも
いらっしゃったことでしょう。お疲れ様でした・・・。


0214snow2.jpg


0214snow3.jpg


0215snow.jpg
半端に溶けてると汚らしいですね・・・。


0215sedum2.jpg
雪が溶けたらセダムたちがコンニチワ。丈夫だわ。


0215ep.jpg
雪よけを外したら、しーんと沈んで頑張っていました。

ギリシャリクガメ・ゴットハンド

初リクガメです!

0210riku7.jpg
甲羅がこんもりと丸く、なんとも健康そう!


0210riku2.jpg
つぶらな瞳が可愛い!


0210riku4.jpg
・・・?


0210riku5.jpg
・・・??


0210riku6.jpg
・・・???
オシリに何かついてますけども・・・。


0210riku.jpg
なんと小さい!
大豆サイズのリクガメ!


0205straps.jpg

以前「ミューレンバーグイシガメ」のフィギュアとストラップを作っていただいた
Count Blueさんからまたまたやって来ました。
本当に細かい仕事です。
どこもかしこも精巧にできています。
顔もすごく丁寧に作られていて、可愛いのです。
小さすぎて私のカメラでは魅力を充分にお伝えできないのが残念。

Count Blueさんは爬虫類のイベントに参加されたり
HPからも注文を受けていらっしゃいます。
是非ご覧になってみてください♪
(あ、記事のウサギはチョコエッグのウサギさんです)

甲ズレと多甲板

時々当ブログの「検索ワード」という項目を見るのですが
上位を占めるモリイシガメ、トウブハコガメ、キボシイシガメ、それぞれの飼育環境とか
餌付け、病気などなどのワードの中に「甲ズレ」「多甲板」というのがあります。

うちのモリイシガメ08CB♂いぷしろんは下記の記事のように
「多甲板」に伴う「甲ズレ」です。
「甲ずれの状態」

しょっちゅう書いているので省略しますが、鼻腔~気管にかけてと口に障害があるため
小さい頃は水中で餌を摂れなくて↓のように餌を気長にやっていました。
(生後7ヶ月の100gを越えたあたりから水中で餌やりをするようになりました)
多甲板のせいで首のすぐ後ろなどがかなり反っています。

枚数が通常より多いわけで、正常な個体よりはギザギザガタガタしていますが
大きくなるにつれ目立たなくなるようです。
甲羅だけで言えば、健康にも関係ありませんし、個性とも言えるのではないでしょうか。
甲ズレ、多甲板をあまり嫌わないで欲しいなと思います(^-^)


epeating.jpg
生後4~5ヶ月くらいの頃
頑張って食事中。
少々頬張ったら、水を飲ませて嚥下させる、また外で食べる、の繰り返し。


1012ep2.jpg
2010年10月の姿


1203ep5.jpg
2010年12月の姿


春が立ってしまった・・・・。

昨日、今日と春めいた風が吹いています。
日中は日が当たってぽかぽかでした。
水は急には影響を受けないようなので
カメたちは大人しくしていましたが
07CB♂だけ立春だからなのか違うのか
立ち上がってました(2足で^-^;)


画像はカメではなくて、カメよりどんくさいうちのインコです。
換羽でとげっているのはご愛嬌。
もう結構なお年なのですが、不動のアイドルの地位を保っています。


0205popo7.jpg
ひとしきり遊んで


0205popo3.jpg
そろそろお腹もすいて喉も乾いた。
でもまだ遊びたい・・・。


0205popo5.jpg
フリーズタイム。


0205popo4.jpg
まだまだ続くフリーズタイム。
眠くなってきたようです(爆)


weaving.jpg
関係ないんですけど、手織りをまたやりたい。
1番単純な機ですが、楽しいんですよね(^-^)
色んな糸で、(限界はあるが)色んな織りかたをしたいなあ。

« »

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

もりかめ (ぐり)

Author:もりかめ (ぐり)
モリイシガメが大好きです。
Glyptemys insculpta
Wood turtle
他にキボシイシガメ、トウブハコガメを
飼育しています。
5180495_197.jpg

瑞浪Mioちゃんを応援しています
瑞浪Mioちゃんと化石博物館の情報はこちら・Link

月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。