スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリイシガメのしっぽ

昨日、リクエストがありましたので
モリイシガメのオス・メスの尻尾画像を載せます。

庭から収穫してきました。
0410woods3.jpg


0410gamma8.jpg
モリイシガメ07CB♂、がんまに協力してもらいましょう。


0410gamma6.jpg
0410gamma5.jpg
ちっともじっとしてくれません。
総排泄口が完全に甲羅の外にあります。


0410gohan6.jpg
次はモリイシガメ06CB♀、ごはんちゃんです。
既に暴れています。


0410gohan.jpg
0410gohan2.jpg
0410gohan5.jpg
お嬢様、体重が1400gくらいあります。
先に載せたオスは845gくらいです。
尻尾の太さにかなり差があります。
(オスより細い)
総排泄口もほぼ甲羅の内側です。


0410ep4.jpg
くるりとしっぽを仕舞ってしまい、出番が無かった08CB♂いぷしろん。
順番に体重を測ったり撮影している間
慣れた様子で歩き回っていました。

少しは参考になるでしょうか?

Comments

 
わーい♪ありがとうございます

こうやって比較させて頂くとやっぱりウチの元白さんは♀で間違いなさそうですね

昨日のお話はビックリしました
まさかそこまで特異な行動をするとは…
やはりモリイシは一筋縄ではいきませんね
うちの子は試しにキボシヌマの♂と一緒にしたとき思いっきり襲われていたのでそれを真似したのかもしれません
すぐ離したんですが凄い記憶力!
ますます面白くなってきましたよ
連れ添い手に入れるべきですよね、これは
ヤモリ庵さんへ 
オスの尻尾のぶっとさは
半端無いですよね(爆)
上から見ても全然違います。

うちには残念ながら
メスが何匹もいる環境に無いので
社会性の観察ができませんが
話を聞くだけでも面白いと思ってしまいます(^-^)
自然下では無いことだと思いますけどね~。
キボシヌマも鬼畜そうですよね(^m^)
モリイシもキボシも、♂をまとめて飼育できるといいんですが・・・。
お婿さん、見つかる時は見つかると思いますよ~♪
 
ミズガメって尻尾長いですよね
キボシも結構長いみたいだですし
リクガメは尻尾の長さだけで見分けつく感じがありますが、ミズガメってみわけられるのかなぁって思ってました!
ですが、位置が違うんですね!アレの♪アレの位置がまったくちがーうう(しつこいですよね♪)
キボシイシ♀が少ないっぽいイメージがあります(モリイシの記事に対してなぜにキボシの話?笑)
失礼いたしました
トッチさんへ 
トッチさん、確かにリクガメのほうが短い感じしますね。
皆さんよくわかるなあ。

ミズガメも色々見ているわけでは無いので判らない種類のほうが多いですけど
モリイシとキボシは結構判ります♪
まあ、誰でも大きくなってれば判ります
(年齢の割りに小さいままの個体は難しいです)
総排泄口の位置と太さですね(^-^)

キボシは私が飼育し始めたころはオスが少なかったような・・・。
今はどうなんでしょう?
温度で性別が決まりますから、孵し分けるのは割りと簡単だと思うのですけどね~。
低い温度でオスを出すほうが面倒かもしれませんね。
メスが少ないのは、市場操作とかかしら。
オスは複数を一緒に飼うと、順位争いみたいなことになってイジケテしまう個体が出るので
放出されるのかもしれません。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

もりかめ (ぐり)

Author:もりかめ (ぐり)
モリイシガメが大好きです。
Glyptemys insculpta
Wood turtle
他にキボシイシガメ、トウブハコガメを
飼育しています。
5180495_197.jpg

瑞浪Mioちゃんを応援しています
瑞浪Mioちゃんと化石博物館の情報はこちら・Link

月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。