スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edward Hoagland

book_20090119195122.jpg

エドワード・ホーグランドという作家の事を殆ど知りません。
以前書いた、デヴィッド・キャロル氏のようなナチュラリストであり作家なようです。
彼もカメを愛していたようで、モリイシガメも飼育していました。
下の1節は“The Courage of Turtles”という短編エッセイの中の1文だそうです。
本は殆ど手に入らない状態のようで、古本で買おうか迷っています(^-^;)

“I also have an adult wood turtle about six inches long. Her top shell is the equal of any seashell for sculpture…it’s like an old, dusty, richly engraved medallion dug out of a hillside. Her legs are salmon-orange…She has a turtleneck neck, a tail like an elephant’s, wise old pachydermous hind legs, and the face of a turkey–except that when I carry her she gazes at the passing ground with a hawk’s eyes and mouth. Her feet fit to the fingers of my hand, one to each one, and she rides looking down….if an earthworm is presented, she jerks swiftly ahead, poises above it, and strikes like a mongoose, consuming it with wild vigor. Yet she will climb on my lap to eat bread or boiled eggs.”

–from Edward Hoagland’s “The Courage of Turtles”

「私は6インチのアダルトのモリイシガメも飼っている。
彼女の甲羅は海の貝殻のように線が彫り込まれ
山腹から発掘された古の土にまみれた、重厚に彫刻された
メダリオンのようだ。
足はサーモンオレンジで、まさにタートルネックの首をしていて
象のような尾、賢き年老いた厚皮動物のような後ろ足
七面鳥のようによく変わる表情は、私が手で運ぶ時
離れていく地面を鷹の眼と嘴をして見つめる。
彼女の足はそれぞれ私の指々にぴたりと合い、見下ろす。
そして、ミミズが与えられると顎は素早く前方へ動き
獲物の上に照準を合わせ、マングースのように
ふりおろして野生の情熱をもって食べるのだ。
でもそんな彼女はパンやゆで卵を食べようと
私の膝の上に登ってくるのだ」


短い文章ですが、モリイシガメのことをよく語られていると思います。
(稚拙な訳で恥ずかしい)
表情が豊かで食い意地が張っている(爆)食いしん坊だから物怖じをしないカメ。

0921gohan3.jpg
06CB♀、普段は配合飼料ばかりですが、たまたまトウブハコガメのエサが残った時の
画像かな。

0607gohan3.jpg
こちらも同じ個体、バスキングしていて甲羅が白くなっています。
ちょっと怖い顔?

eggface.jpg
この画像は現地で飼われているカメの画像です(拾い物;スミマセン)
目を放した隙に、エッグサラダを食べてしまったと書いてありました。
サラダボウルはどこに置いてあったのでしょうか。よく太ってますね~。


Comments

ふともりいしっ 
最後の画像、首の付け根とかでっぷりに見えますね(^^;
よく食べるけどなかなかこうは。

そういえば、行ったの10年近く前ですが
鳥羽水族館には大きなモリイシが複数いまして、
確か当時から繁殖にも成功してたと思います。
中に甲高がえらい高いのがいて、地域差なのかなーと
不思議に思ったことがありました。
ぴくたさんへ 
そうですよね~!モリイシってあれだけ大食いなのに
キボシみたいに後ろ足の付け根からオニクがはみ出したり
しないですよね。どこに肉がついてるんだろうって
いつも思います。
鳥羽水族館、検索していて(モリイシを検索するのって
もうクセになってます;爆)飼育生物リストのようなものに
モリイシガメって載っていましたが、ご覧になったんですね!(羨ましい)
地域差って確かにあるようですよね。
うちのモリイシたちのお姉ちゃんにあたる個体は
結構甲が高いようです(体も大きい)
エサの問題ではなくて、遺伝子レベルの差かなと感じます。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

もりかめ (ぐり)

Author:もりかめ (ぐり)
モリイシガメが大好きです。
Glyptemys insculpta
Wood turtle
他にキボシイシガメ、トウブハコガメを
飼育しています。
5180495_197.jpg

瑞浪Mioちゃんを応援しています
瑞浪Mioちゃんと化石博物館の情報はこちら・Link

月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。