スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリイシガメの餌付け・それぞれ(3)

kogames2.jpg

今まで超短期(約2ヶ月)のお預かりを含めて、5匹の子ガメの面倒を見ました。
全体的には手の掛からない陽気なカメという印象は変わりませんが
やっぱり1匹ずつ感触は違いました。

06CBは、7月26日生まれで8月半ばにやって来ました。
既にコオロギくらいは食べていたようで、やって来て数日で自分から
レプトミンを拾って食べるようになりました。(以降、全く手の掛からない良い子)

07CBは、7月14日生まれで10月の終わりにやって来ました。
何か食べはするようでしたが、ちょっと食べることに興味が無く、バスキングばかり
してるような様子だったそうです。
この子は餌付けのその1の記事に書いたように、レプトミンにちょっとだけ
ハンバーグをつけて与えたら、すぐに食べるようになりました。

08CB1は、生まれた2日後にやって来ました。
それこそ何も食べてない状態でしたので、最初に配合を砕いてあげましたが
やっぱり食べず。
ハンバーグをあげたらパクパク食べてくれて、その後は07CBのようにして
あっという間に配合を食べるようになりました。

08CB2は、以前も書いたように鼻とアゴに障害がありまして、エサを上手く
食べられない状態でした。
通常よりも小さい卵で生まれてきたためか、甲ズレも激しく体も小さい。
ブリーダーさんのところではイトミミズやカーニバルなどを一生懸命食べていたようです。
兎に角口が大きく開かないので、細かくして陸で食べさせたり(鼻が詰まっているので)
口に押し込んだりしているうちに、配合は何でも食べるようになりました。
水中でも上手く食べられるようになってきましたが、赤い光クレストでないと
よく見えないようで水中でエサを食べる時は、まだ赤いのばかりです。
結局、ハンバーグは使いませんでした。

超短期のお預かりっ子は、やはり配合を殆ど食べないというお話でしたので
預かっている間に配合オンリーにしてお返ししました。
ただ、自分のペースで世話をしていたら、ちょっと成長し過ぎ(?)てしまって
飼い主さんには飼い主さんのやり方があるわけですから
申し訳ないことをしてしまったような気がします。
50g→160g・・・。

Comments


« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

もりかめ (ぐり)

Author:もりかめ (ぐり)
モリイシガメが大好きです。
Glyptemys insculpta
Wood turtle
他にキボシイシガメ、トウブハコガメを
飼育しています。
5180495_197.jpg

瑞浪Mioちゃんを応援しています
瑞浪Mioちゃんと化石博物館の情報はこちら・Link

月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。