スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲ずれの状態

08CBその2は、バリバリの甲ずれ個体です。
ずれた結果、周囲の甲板はどうなってるの?と聞かれたので
画像を貼ってみます。
(だから何?というメモ的なものです。スミマセン^-^;)

08100305ep.jpg

左が生まれたての8月の画像です。まだ油粘土細工のような色合いです。
右は今年の3月の画像。
中心の椎甲板が通常の倍の枚数になっています。(通常は5枚)
左の肋甲板は1枚増えて5枚(通常は4枚)
右の肋甲板は正常に4枚です。
ぐるりと囲んでいる縁縁板は通常よりも2枚多いです。(通常は22枚、+項甲板1、臀甲板1)
なぜ多甲板になってしまったのか私にはよくわかりませんが
温度などの関係よりは奇形なのではないかと思います。(鼻腔やアゴに変型あり)


08070305delta.jpg

こちらは同じ08CBその1の正常な甲羅。
左がやはり生まれてすぐの7月後半。
右は今年の3月です。

Comments

 
ここまで見事な甲ずれのモリイシは世界的にも珍しいと思います(笑)いや、いないかも。
きちっと画像で示してありまして勉強になりますです。
にたさんへ 
全体の形状が歪な個体は飼育下でも野生下の画像などでも見られますが、甲ずれは本当に見ないですね!
販売しないだけでしょうか。
勉強だなんて、わははは。
本亀は全く支障なく、当たり前ですが気にもしていない
ようです(^-^)

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

もりかめ (ぐり)

Author:もりかめ (ぐり)
モリイシガメが大好きです。
Glyptemys insculpta
Wood turtle
他にキボシイシガメ、トウブハコガメを
飼育しています。
5180495_197.jpg

瑞浪Mioちゃんを応援しています
瑞浪Mioちゃんと化石博物館の情報はこちら・Link

月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。