スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いないいない・・・

ついに朝晩は暖房器具を使い始めました。
ここのところ晴天は続いていますが、風が冷たかったり。


1103sho2.jpg
トウブハコガメ05CB♀。
微妙に埋まってますが、まだ陽射しを求めて移動しています。
土もふかふかにしたので、潜ってもいいのよ。


1103toramaru.jpg
トウブハコガメ07CB♂は・・・。


1103toramaru3.jpg
はい、中途半端~(^▽^)
毎年ちょろっと見えてるんですよね・・・。
当方霜柱が立ちますので、様子を見て土をそっとかけたり
新聞紙をくしゃくしゃにしたものを押し込んだり
フタをしたりと致します。
まだ急に暖かい日があったりすると
出て来ることも多いです。


1103chimame.jpg
気温が低い時の濃い発色はまた良いものだ。


1103cholcolate.jpg
チョコレートコスモス。


1103viola.jpg
(私らしくない)ふりふりビオラ。


1029aster.jpg
孔雀アスター。

Comments

 
こんにちは。いつもありがとうございます。
素朴な疑問なのですが、飼育されているカメはこのまま冬眠に入るのでしょうか?屋外で?
やはり不自然な温度調整などしないで自然にまかせているのが繁殖にも繋がるのですかね。
1枚目のトウブハコガメさんはもうちょっとで寝てしまいそうですね(笑)
ノースマンさんへ 
わわっ!こちらこそ押しかけて申し訳ありません!
こんなカメしなないとこにありがとうございます(^-^)

はい、外飼育しているカメは皆冬眠可能な種類ですので
(全て北米のカメ)、調子の良い個体はこのまま屋外で冬眠になります。

カメの種類によっては、一定期間冷やさないと繁殖しないそうです。
その期間は一冬でなくても、短期間の「クーリング」で可能な場合も
多いようです。(通年室内で殖やされている方もいらっしゃいます)

うちの場合は何か大切な哲学とか主義があるわけではなく(^m^)
健康な個体は外で飼育する方が太陽の恩恵などで甲羅の調子が
良かったり、丈夫に育つような気がするからです。

本当は家の中に囲って、四六時中見てたいんですけど。(ぉぃ)
後はお世話がちょっと楽、とかモリイシくらいの大きさになると
暴れるとウルサイとか、そんなずるっこい理由もあります(^-^;)

トウブハコガメ、今年はメスが頑張って起きてますね~。
ある朝、忽然と見えなくなります。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

もりかめ (ぐり)

Author:もりかめ (ぐり)
モリイシガメが大好きです。
Glyptemys insculpta
Wood turtle
他にキボシイシガメ、トウブハコガメを
飼育しています。
5180495_197.jpg

瑞浪Mioちゃんを応援しています
瑞浪Mioちゃんと化石博物館の情報はこちら・Link

月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。